はい。当社のリユースおよびリサイクル専門ベンダーは、環境に配慮した処理技術に従い、関連する規制を完全に遵守する必要があります。EPEATが製品の登録を行っている国のベンダーは、第三者認証 (R2、e-Stewards、またはWEEELABEX) を取得する必要があります。その他の国では、HPのリサイクル標準と要件が同等であるこれらの認証を取得しているベンダーをHPは支持します。ベンダーがこれらのどの認証も取得していない場合は、第三者による監査を委託して、当社の高い標準へのベンダーの適合性を監視し、回収された製品が適切に処理されるようにします。当社はEnvironmental Resources Management (ERM) と契約して、ベンダーが以下のポリシーおよびベンダー標準に適合しているかどうかを監査します。 

監査では、ベンダーの環境、健康、安全の実践およびパフォーマンスを評価し、承認されたベンダーネットワーク外の施設への原材料の「漏れ」がないことを確認します。不適合が確認されたベンダーは、30日以内に是正措置計画を提出し、90日以内にそれらの項目に対処する必要があります。極端な場合には、透明性が十分でないベンダーや、当社が必要な変更を行わないベンダーとの取り引きを停止します。 

HPは2019年に、ERMを介して24か国の34ベンダーの施設を監査しました。これには、パフォーマンスを改善する取り組みを評価するために繰り返し行った、30ベンダーの施設の監査が含まれています。初回の監査を行った施設の12%で深刻な不適合が発生していましたが、HPの取り組みによりベストプラクティスがもたらされ、パフォーマンスがすみやかに改善されました。2019年に特定された深刻な不適合については、100%の調査を終了しました。深刻な不適合が発生したすべての施設は、改善が持続されているかどうかを判断するため、翌年に再監査を受ける必要があります。