当社では、当社の製品および業務が、害のない原材料および化学物質を使用する世界を目指しています。当社は20年を超える期間、懸念のある化学物質からより安全な代替品に向けて、エレクトロニクス産業を動かしてきました。 

2019年末時点で、HP製品の総質量の98.5%は、より安全な代替物質と考えられる化学物質および原材料で構成されています1 

『HP Materials and Chemical Management Policy』では、製品、梱包資材、および製造プロセスで使用する原材料および化学物質の指定方法について説明しています。このポリシーは、世界中のすべてのHP従業員およびビジネスに適用され、サプライヤーにも適用されます。

またHPは、根源からプラスチック汚染を排除する、エレン・マッカーサー財団の新プラスチック経済グローバル・コミットメントの署名企業です。このフレームワークの3つの主要な原則 (排除、革新、および循環) は、当社の製品および梱包資材で使用されているすべての原材料に対する当社の幅広いアプローチを支えています。 

HPは電源コードを短くすることでPVCの使用量を削減しています。製品によっては、世界中の多くの国のPCおよびプリンターに対して、PVCを使用しない電源コードを提供することができます。これらの取り組みにより、2011年以降に削減されたPVC使用量は、合計7,000トンを超えました。HPは、当社のパーソナルシステムズおよびプリンターに対する製品改良を引き続き進めています。

これまでの重要な施策については、http://h20195.www2.hp.com/v2/GetDocument.aspx?docname=c06048911にある『Green Chemistry Timeline』を参照してください。

『HP Materials And Chemical Management Policy』を入手するには、http://www8.hp.com/us/en/hp-information/global-citizenship/governance/policies.htmlを参照してください。

1 より安全な代替物質は、GreenScreen®ベンチマーク2以上として格付けされています。このデータポイントは、無害でより安全な代替物質の総質量を、出荷された製品の総質量で割って計算しています。商用および産業用グラフィックプリンティングソリューション製品、すべてのHP製品のアクセサリおよび梱包資材は、この合計には含まれていません。