HPは、よりサステナブルな未来の実現に向けて前進しています。HPは大胆かつ長期的な目標を設定し、最も大きなインパクトを与えられる戦略に重点を置いています。 

HPは、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs) を支持しており、HPの「サステナブルインパクト」戦略と深く関連した選択目標に向かって前進するために、全力を傾け続けています。HPの目標には、以下の事項が含まれます。

  • 一次生産サプライヤーと製品輸送関連のGHG排出原単位を2025年までに対2015年比で10%削減する1
  • HP製品の使用によるGHG排出原単位を2025年までに2015年比で30%削減する2
  • HPブランドの用紙および紙製の製品梱包資材に関して、森林破壊ゼロを2020年までに達成する3
  • 2015年の初めから2025年までに、50万人の工場従業員のスキルを磨き、ウェルビーイングを改善する。
  • 2015年の初めから2025年までに、1億人の学習成果向上を実現する。

詳細については、www.hp.com/go/reportにある、2019年の『HP Sustainable Impact Report』の「Sustainable Impact」セクションを参照してください。 

1 原単位は、HPに起因するGHG排出量 (一次生産サプライヤーと製品輸送サプライヤーが報告した値を、HPの年間収入で割った数値として計算しています。この方式はビジネスにおける生産性に基づいてパフォーマンスを正規化します。原単位は、対前年比の変動の影響を減らし、長期の傾向を明らかにするために、3年間のローリング平均値として報告されています。生産サプライヤーの温室効果ガス排出量は、スコープ1とスコープ2を含みます。

2 製品の使用によるGHG排出原単位は、製品構成の変化とビジネスの成長を考慮した、当社のポートフォリオのパフォーマンスを表します。HP製品の使用によるGHG排出原単位は、予想される製品寿命の使用期間におけるユニットあたりのGHG排出量を測定します。これらの値は、パーソナルシステムズとプリンティング製品の収益全体に対する貢献度によって重み付けされます。これらの排出量は、毎年出荷される99%以上のHPの製品ユニット (ノートPC、タブレット、デスクトップ、モバイル・コンピューティング・デバイス、ワークステーション、ディスプレイ、およびデジタルサイネージ; HPインクジェット、LaserJetDesignJetIndigoScitex、およびJet Fusion 3Dプリンター、およびスキャナーを含むの排出量を示します。

3 2020年までにすべてのHPブランドの用紙や紙ベースの製品梱包資材は、認証されたリサイクル原料由来のものとし、森林管理協議会 (FSC) の認証を取得した調達元からのバージンパルプを優先して使用します。梱包資材とは、製品に付属する箱と、箱の中にあるすべての紙 (紙製パッケージや紙材などを指します。