当社の米国およびその他の世界約58か国の174施設では、温室効果ガス (GHG) の排出、エネルギーおよび水の消費、および廃棄物の発生を削減する行動をしています。HPの業務に伴うGHG排出量は当社のカーボンフットプリント全体の1%に過ぎませんが、最も制御しやすく、影響が大きい領域です。このため、すぐに影響を与えることができる最大の力となります。当社では、サステナブルな業務をモデル化することでも、当社の価値を行動で示し、業界をリードする取り組みを一例として、従業員、お客様、サプライヤー、訪問者などへ強調しています。 

HPの業務での主な指標を以下に示します。

  • 従業員のダイバーシティ&インクルージョン — 毎日、世界中の約5万6,000人1のHP従業員が未来を形作り、当社のビジョンを実現しています。当社は、優秀な人材を惹きつけ雇用し続けることができる、多様性と一体性を持つ職場を培うことに努めています。継続的な人材育成、広範囲にわたる報酬と福利厚生、および安全衛生と従業員の福祉への重点的な取り組みを通して、従業員の成功を支援し、毎日最高の仕事ができるようにします。 
  • GHG排出 — 業務によるGHG排出の大半は、施設の電力に使用されるエネルギーに関連しています。当社ではGHGを、CO2e (二酸化炭素換算) のトン数で測定および報告します。
  • 水の消費 — 当社の業務に関連する水の消費は、当社の総フットプリントの2%を占めています。これは、直接消費 (主に建物での使用、冷却、造園、および製造用の高純度水の生産) と、施設で使用される電力の生成に関連する間接消費にほぼ均等に分割されます。当社では水の消費を、m3 (立方メートル) で測定および報告します。
  • 廃棄物の発生 — HPの施設は多量の廃棄物を発生させるものではありませんが、当社は循環型経済への全社的なシフトを支援する「リデュース、リユース、リサイクル」というグローバルポリシーを採用しています。当社では廃棄物の発生をトン数で測定および報告します。

詳細については、www.hp.com/go/reportにある『HP Sustainable Impact Report』の「Operations」セクションを参照してください。

1 20191031日現在。