いいえ。ノルディックスワンおよびブルーエンジェルのエコラベルは、再生およびリフィルされるトナーカートリッジを特に対象としています。このため、オリジナルのサプライ品の製造者は、現在これらのエコラベルを取得できません。HPトナーカートリッジは、「リユースされた原材料を75%含有」という要件を除き、これらのエコラベルシステムに組み込まれている基準の大多数を満たしています。HPでは、当社の品質および信頼性の基準を満たさないため、再生プリントカートリッジは提供していません。その代わりに、リサイクルを目的としたHPプラネットパートナーズプログラムによってHPプリントカートリッジを収集し、原料またはエネルギーを回収しています。このプログラムで返送されたカートリッジが最終的に埋め立てられることはありません。

HPはEco Declarationが設立された1996年からサポートしていますが、2006年にはECMA-370国際標準となりました。2006年、HPはこのプロジェクトを主導し、印刷サプライ品も含まれるように範囲を広げました。再生トナーカートリッジに対する以下のエコラベルの基準はすべて、印刷サプライ品に対するEco Declarationに含まれています。

  • ·       ドイツのブルーエンジェル
  • ·       ノルディックスワン
  • ·       日本のエコマーク
  • ·       台湾のグリーンマーク
  • ·       韓国のエコラベル

上記のエコラベルでカバーされていないその他の基準 (特に特定の化学物質の回避に関連する基準) も含まれています。また、サプライ品のIT ECO Declaration宣言はインクカートリッジでも使用されるように設計されていますが、上記にリストされているエコラベルでは対応していません。

インクカートリッジの再生材料についての声明

http://h20195.www2.hp.com/V2/getpdf.aspx/4AA6-4523ENUC.pdf?ver=3.0

トナーカートリッジの再生材料についての声明

http://h20195.www2.hp.com/V2/getpdf.aspx/4AA5-4602ENUC.pdf?ver=2.0

ブルーエンジェルエコラベルが付いているHPイメージング機器では、オリジナルのHPプリンターカートリッジが使用されている場合にのみ、化学物質排出要件が満たされます。ブルーエンジェルのエコラベルが付いているHP製品については、www.hp.com/go/sustainability_ecolabelsを参照してください。 

関連するIT ECO Declarationは、http://www.hp.com/go/tedを参照してください。