はい。当社の環境梱包資材戦略は、循環型経済に向けた前進を推進しながら、カスタマーエクスペリエンスを向上させるために、排除、イノベーション、および循環に焦点を当てています。 

2020年までに、紙ベースの製品梱包資材の100%を、認証およびリサイクルされた原料から生産するという目標に向かって前進しています。 

当社は梱包資材回収サービスを提供し、HP梱包資材のリサイクルガイドを定期的に更新して、お客様から出された梱包資材が埋め立てられないように支援しています。

HPは、プラスチック、発泡スチロール、およびリサイクルが難しい原材料の使用を削減するため、2018年に、およそ50万台のOmenノートPC、および60万台を超えるデスクトップパーソナルシステムに、パルプモールドのクッション材を導入しました。このアプローチは、HPの主な商業用デスクトップおよびノートPCに拡大する計画です。これにより、梱包材として使用していたほとんどの発泡スチロールの使用を取り止めることができます。この期間で115トンのプラスチックの使用を削減し、リサイクルされた繊維の使用量は240トン近く増加しました。 

2018年には、超軽量セミケミカルパルプを箱に使用することにより、ノートPCおよびデスクトップに関して、1,200トンを超える段ボール製梱包資材を削減しました。また当社では、箱に同梱するドキュメントにも焦点を当てています。この年に、法的に必須でない地域で規制ガイドおよび保証書を除外および合理化することで、HP Chromebookの印刷ドキュメントを最大65%削減しました。

当社では、環境への影響と、製品保護、法令へのコンプライアンス、お客様の期待、およびコストとのバランスを取るように努めています。当社は、HPの『環境関連一般仕様書』および環境にやさしい用紙に関する指針に基づいた、6つの原則に従います。 

  • ·       HP製品の梱包資材には懸念物質を使用しない 
  • ·       各新製品のパッケージを減らす 
  • ·       可能な限り再利用できるパッケージを設計する 
  • ·       再生材料の使用を増やす 
  • ·       リサイクルが難しい原材料に代わる原材料を使用する 
  • ·       サステナブルな原材料を使用する 

HPの『環境関連一般仕様書』プログラムの詳細については、http://www.hp.com/go/sustainability_gseを参照してください。 

詳細については、www.hp.com/go/reportにある『HP Sustainable Impact Report』を参照してください。