HPは、当社の製品および業務が、害のない原材料および化学物質を使用する世界を目指しています。HP製品の製造に使用される物質の、人間の健康および環境への潜在的な影響を評価するために、当社では科学的な根拠のあるアプローチを採用しています。 

『HP Materials And Chemical Management Policy』では、製品、梱包資材、および製造プロセスで使用する原材料および化学物質の指定方法について説明しています。このポリシーは、世界中のすべてのHP従業員およびビジネスに適用され、サプライヤーにも適用されます。 

当社のアプローチには、以下のようなものがあります。 

  • 当社の製品およびサプライチェーン全体で使用されている原材料を積極的に特定および評価し、一般的なHPパーソナルシステムおよびプリンターに含有されている原材料に関する情報を公開しています
  • ·       公開されている懸念物質リスト、お客様の好み、新規または今後の法的要件、および人間の健康または環境への潜在的な影響を明らかにする適切な科学的分析を評価することにより、制限の対象となる原材料に優先順位を付けます
  • ·       懸念物質を環境的に好ましい代替物質に置き換えるために、サプライヤーとの協力およびサプライヤーへの支援を行っています。2018年現在、HP製品の総質量の98.5%は、より安全な代替物質と考えられる化学物質および原材料で構成されています1

現在使用されている原材料のより安全な代替物質を探す場合、予防的アプローチに従っています。当社では、米国科学アカデミーの出版物『A Framework to Guide Selection of Chemical Alternatives』に従い、GreenScreen® for Safer Chemicals手法を組み込んでいます。 

より安全な代替物質に向けた進捗状況については、『Green Chemistry Timeline』を参照してください。

詳細については、www.hp.com/go/reportにある『HP Sustainable Impact Report』の「Products and solutions」セクションを参照してください。

1 より安全な代替物質は、GreenScreen®ベンチマーク2以上として格付けされています。このデータポイントは、無害でより安全な代替物質の総質量を、出荷された製品の総質量で割って計算しています。商用および産業用グラフィックプリンティングソリューション製品、すべてのHP製品のアクセサリおよび梱包資材は、この合計には含まれていません。